お客さまと情報システムとの橋わたしを目指して

SYSCO

公共システム事業部

部門特徴

少子高齢化社会の進行により医療業界においては国の制度改革が年々進められており、 各種デバイスやネットワーク、クラウド環境等の技術革新に即応したIT需要は益々高度化しております。 当部門は、大手SIerと共にこれらの環境変化や改革に対処し、 国の制度を支える情報処理サービス業者として信頼性の高いソリューションを提案、提供いたします。

サービス内容

システム開発・保守
専門業務分野の分析から設計・開発、保守までを一貫して対応すると共に、 システム方式の立案や基盤環境の設計構築も併せて対応することで、 効率良くシームレスで信頼性の高いサービスを提供いたします。

  • 業務分析~システム開発方針の策定
  • システム開発(基本設計、詳細設計、プログラム設計、プログラム開発)
  • システム方式設計、サーバ/クラウド基盤環境構築
  • システム移行/導入計画
  • マイグレーション対応

システム開発・保守実績例
公共機関 レセプト電算処理システム(国保・社保)
広域災害救急医療情報システム
病院 医事会計システム
DPC(診断群分類)経営分析支援システム
自治体/保険組合 レセプト検索システム
救急医療情報システム
お客さまへのメッセージ

医療をはじめとした公共の分野ではマイナンバーの導入により、 両分野での情報連携や分析、蓄積情報の制度改革への活用は重要な課題です。 また、情報の機密性から更なるセキュリティ強化への取り組みも重要となります。 急速な技術革新をベースに公共分野において、より高度で安全な情報システムを提供し社会に貢献したいと私達は考えます。

部門紹介

ページのトップへ戻る